らはいむ

色気と萌えと語学

私は勉強嫌いで、コツコツ語学の勉強ができる人間ではない。ただ、異国語には興味があるし、いくつかの言葉を、ある程度話せるようにはなりたい。で、この機会に、ある程度は文法を勉強して、少しは読めるものの(まあ、漢字なんだし、勉強していなくてもある程度読めるものだけど)全然話せないまま、中途半端に放っておいたままの中国語に再チャレンジしたい。





色気や萌えといった邪な部分がないと、私の語学の勉強は長続きしない。「貴方様のおっしゃることなら何でも理解したいんです。」という強い想いがあると、気合で理解できる。そして何度もその声をリフレインすることによって、定着する。(・・・阿呆だ。でもホント。)

まあ、これよりも、もっといい方法はいくつかあるのだけど。生活のため切羽詰まるとか、リアルに付き合う相手や友人がその言葉を喋るとか。でも、なかなか面倒くさいこともあるし、身近に手っ取り早くいないときは、なかなかね。(人様との付き合い方を反省した方がいいと思うよ、自分。)
[PR]



by ruthk | 2005-08-08 14:14 | たいりゅう・ふぁりゅう

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧