らはいむ

la vita e bella

「Life is beautiful」







映画の内容・感想については、特に触れない。
見た当時の、超個人的な思い出を書く。



テルアビブのヘブライ語学校に通っているときに、
クラスで、この映画を見に行った。
まあ、基本はコメディなわけなのだけど、
やはり、ラストは、ウルっと来て涙ぐんでしまった。


恥ずかしかったので(だから、集団で映画や演劇を見にいくのは苦手なんだ~)
映画館の暗闇に紛れて、バックれた。
一人くらい、いなくなってもバレないだろ、と思っていたけど、
翌日クラスで、「あんた、どしたの?」と、口々に聞かれて
「腹くだした。」とかなんとか言って、誤魔化した記憶がある。


ラストあたりで、映画館の、あちこちから、鼻をすする音が聞こえた。

・・・この映画を見て、涙ぐむ人って、どんな人なんだろうか。
私の知るイスラエル人の多くは、映画見て泣くようなイメージから程遠いし。



ホロコーストを“生き残った”人びとは
この映画を見て涙ぐむのだろうか。
「泣く」のだろうか。「泣ける」のだろうか?

何か「泣けない」ような気もする。

聞いておけばよかった、かな。聞くようなことでもないのかな。


まあ、泣く、泣かない、とか、
監督・主演のロベルト・ベニーニ氏がユダヤ人じゃない、何とかかんとか、とか
どちらでもいいことだ。

とにかく、私自身は、この映画を見てホロリときたし
私が「袖触れ合うも他生の縁」で出会った、数人の「生き残り」の人びとは
けっこうセンス・オブ・ユーモアな人、だったような気もするし
まあ、そんな感じ。


ついでに。ライフログから、もう1つ。

Blue Touches Blue





えらく目につくジャケットだなあ~キレーなネエちゃんだなあ~
ただそれだけの理由で手にした
NOAのアルバム。

どっかで聴いたことあるな?と思って、よく見たら
この映画のテーマ曲のメロディだった。
最後の「Beautiful that way」という曲。


Smile, without a reason why
Love, as if you were a child,
Smile, no matter what they tell you
Don't listen to a word they say
Cause life is beautiful that way
.

うん、歌詞も好きだ。
彼女の声質も好きだし、アルバム全体も、とても聴きやすい。お気に入り。
[PR]



by ruthk | 2006-04-26 23:56 | えいが

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧