らはいむ

ブタさん/ヒトさん

今日の昼食後。弟との会話。

彼は仕事で水質調査のサンプリングのため、何ヶ所か廻っている。

その一つの某所では、豚が加工されるのを待っている。

「あのさ。その場をちょっと離れて戻ってくるとさ、たくさんいたはずの豚サンが
ごそっといなくなってんの。
何か声が聞こえてくんの。どっかから香ばしい揚げた“におい”も漂ってくんの。
この声聞いて、このにおい嗅いでる豚サンって、どんな気持ちがするんだろうな。」
「ここで俺は仕事して金もらっているんだと思うと、複雑な気分になる。」
「“豚○百匹”ってデータに書き込むんだ。」

「イスラエル共和国で一人だけ死刑になったアイヒマンていう人
“一人の死は悲劇だが数十万人の死は単なるデータ”って
言ったんだって。(眉唾話?)なんか、それ思い出した。」

「・・・」

「あは、気にすんな。“しょせん”豚じゃん。人と豚じゃ違うっしょ。」



豚と人は違う。どう違う?

人は。
豚を擬人化して考えることができる。
人を“豚のように”扱うこともできる。



「俺も、一度、豚や牛と戦ってみないといかんのかも。勝てるかな?」

「どうだろね。武器はザクマシンガン・・・飛び道具はちょっとね~。
漢としてフェアじゃないかな。
ヒートホークとか?素手でいっとく?」

弟よ。対決の折には、ぜひ私も観戦させてください。





「で、今日の晩御飯、トンカツでいい?」
「トンカツは・・・いい。」
[PR]



by ruthk | 2005-11-26 23:03 | たべもの・からだ

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧