らはいむ

「第一次~Jerry for you」

Jerry For You (2nd Version) (CD+VCD) (台湾盤)
ジェリー・イェン / Jerry Chen Yuk Yan / Sony Music (TW)

阿旭のファーストソロアルバム。
私にとって、いろんな意味での「初めて」のつまった
ある意味稀有なアルバム。
何が「初めて」かというと。


1.初めての「中国語」の歌のアルバム。

ずっと前に北京で購入した「紅太陽」のテープ(・・・テープて)があるが
・・・これはカウントできないよね。毛沢東讃歌だし。

2.初めての「アイドル」のアルバム。

気に入った歌い手が、たまたま「アイドル」とか「カリスマ」と呼ばれる人で
あることはあったのかもしれないのだけど。
この場合、順序が逆。私はもともと器楽曲中心で
歌はそんなに聴かないほうだったと思う。

ジャニーズ系の方々が歌うところは、テレビで、たまに見かけることもあるし
いい曲だな、うまい人もいるな、と思うことはあるのだが、
手元において何度も繰り返し、聴こうと思ったことがない。

3.アーティストの音楽性や声質の好みに先立って
ただただ「ビジュアル」で聴いてしまったアルバム。


正直、阿旭の声質にさほど魅力を感じていなかった。
「流星雨」だって仔仔の声だけは一発でわかるが
あとはどこが誰?って感じ。(今なら判別できるとは思うが)






01. 一公尺 (one meter)

前奏・伴奏のピアノとチェロの音色が好き。
編曲がとても好き。詞も切なくてよろし。
しっとり切なく歌い上げる阿旭、いとよろし。

「目の前に貴方はいるのに。こんなに近くにいるのに。
 1メートルが1万光年みたい・・・。」
こんなくっさい詞、母国語じゃまともに聞けないけど
そうでなければ、あら不思議。素直に入ってくる。

02. 做個好情人(be a good lover)

「阿旭(の声)にメロメロ甘やかしてもらおう!」プロジェクト(<何かプロジェクト増えてんぞ)
進行中!
甘やかし・メロメロ系の曲の一つ。「忘了自己」もそうかな。



03. 記憶拚図 (memory puzzle)

アルバムの中で一番好きな曲。見える、私にも見えるぞ、
阿旭がえくぼを浮かべて歌う姿が。((NTデンパが飛び交っています。ご注意下さい。)
一番好きな阿旭のイメージだ。聴いているだけで、心が和む。
中国語のラップを聴くのもほぼ初めて。なんて心地いい響きなんだろう。

でも「阿旭と歌おう」プロジェクトとしては、一番難易度が高い。
歌おうというかラップしようというか・・・口がまめらない。


04. 陪襯品 (a supporting product)

バラード系。歌詞が切なく痛いな。
こういう種類の音楽も、普段、めったに聴くことない。
正直好みではない。でも阿旭が歌えばなんでもいい。
途中ピアノがいきなりベートーヴェンの第9を奏で始めて(違)
ものすごくゴージャスな伴奏になるのが可笑しくて。


05. 想要愛你 (want to love you)

他愛のないラブソングなんだけど。サビがとても覚え易くて妙に耳に残るメロディ。
歌い易い。


06. 地心引力 (gravity)

甘甘系の歌詞だけど、ほんわか、なごやかで、阿旭が歌声が耳になじむ。かなり好き。
歌詞もキーもかなり歌い易い。

「原来我愿意为等一个人淋雨 
是你唤醒了我自己都不懂了深情」の部分が特に好き。

「もともと僕は一人で雨に濡れているのが好きだったけど
 ココロの奥深くに眠っていた
 自分でも知らなかったキモチを目覚めさせてくれたのは
 君なんだ。」って感じ?


07. I WANT IT NOW

激しく弾ける阿旭。出だしに東南アジアの風を感じた。ガムラン?
こういうのもいいね。ちらりと見せる小悪魔的色気やシャウトに
フェイントしている迷も多いことでしょう。(オマエモナー)

でも、この曲って、なんか昔昔、流行った「TOKIO」に似ているんだな。
特に途中の「跨過換日線、換更多的晴天」の部分が。
確か歌っていたのは愛称ジュリーさんという人。
幼い頃、母が、ファンだと言っていたような記憶が。
時を経て、娘はジェリーさんにイカレている。歴史は繰り返す。

ジェリーさんの名前が出てきたついでに。
正直、阿旭の英名は恥ずかしい。(個人的な語感の問題)
何つーか、甘い、甘ったるーーく感じる。
ただでさえ、彼の甘いマスクを見ると、ポッと照れてしまうのだが(キモい)
英名まで甘い響きだと恥ずかし過ぎる。
「Jerry for you」というアルバム副タイトルも勘弁して。
もっと、さりげなくシンプルなのがいいな。ザクとか、スモーとか。
他のF3の英名は、なかなか好みなのに。


08. 隔離 (isolated)

歌詞を読んで、思い当たることがあって、ちと涙ぐんでしまった。
これを阿旭が情感たっぷりに歌い上げてくれるもんだから、たまらんよ。
「 允許我重新愛你」
「不允許我重新愛你」
なのか、はっきりせーや、と言いたいどころだが、その微妙さはよくわかる。
人の気持ちなんて、簡単にはっきりすっぱり割り切れるものではない。
「我是真的真的真的很愛你」「要定你」とか
元気いっぱい脳天気に歌っていた人と同じ方が、歌っているとはとても思えない。



09. 忘了自己 (forgetting myself)

「阿旭と一緒に歌おう」プロジェクトの第1曲目。
この曲が最初に「第一次」の中で耳にした曲だから。
ピアノをバックに、繊細で語りかけるように歌い出したので
えー、これってマジで「要定你」歌っていたヒト?とビビッた。
作曲も編曲も(そして詞も。最初は何言っているかわからないから、
ただ阿旭の語りかけるような歌に反応するしかなかったけど)
周囲を固めるスタッフもかなり気合を入れて揃えてきているように感じた。
それをしっかり歌いこなす阿旭。頑張ったんだなあ。

サビの部分(不多問不思去猜你的心中答案~)の
空から降り注ぐようなメロディラインが好き。
歌詞がこれまたメロメロのアマアマで、およそ自分の趣味ではないのだが
阿旭にこんな声で歌われちゃったら、もーメロメロだね。
「寵壊」「甜蜜」って言葉が実感として頭に入れることができた。
あまり実用的じゃないけど。


10. FANTASY

弾ける阿旭その2。
その1は「I WANT IT NOW」ナンセンスな言葉の羅列。
この世界はナンセンス。
呆的笨的蠢的遜的・・・この畳み掛ける言葉の響きが大好き。
・・・意味はともかく。(アホバカマヌケボケ)
あと好きな響きは「排水孔」。かっこいいな。
今度、お風呂場でジャ○を流しながら歌ってみよう。
「讓垃圾通通流到排水口」(排水口にゴミを流しましょう。)って。
環境に優しくないが。

この系の音楽は好きだが、阿旭に合うかどうかというと、個人的には、あんまり・・・。
やっぱり阿旭には「記憶拚図」タイプが、一番合うと思う。
[PR]



by ruthk | 2005-08-25 16:28 | たいりゅう・ふぁりゅう

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧