らはいむ

できないという思い込み

○ケース1

昔々、ユリ・ゲラーさんという人がスプーンを持って来日しました。
学校の教室やテレビの前で
スプーンをこすったことのある方、挙手を願います。


A   「何ていうのかな、フッという感じで、フっと曲がったの!!」

B   「あーハイハイハイ。(<投げやりに)
     ところでスプーンを曲げるという行為は
     世界平和と人類繁栄に、どの程度貢献するものなのでしょうか?」

C   「スプーンの生産量が増えて、経済活動が活性化するのではないかしら?」

B   「何かいろいろ勘違いした人が大量発生するだけじゃん?」

A   「だーかーらー、念の力って、物質の分子構造まで変えてしまうのよ!!!」

B/C「・・・(まだ、言ってるよ、この人)。」

自分の心の中をレポートしてみました。


○ケース2

180度開脚。

いいな。すごいな。かっこいいな。

子どもの頃から、柔軟性を欠き、運動神経も事切れていたruthkさん。
羨望のまなざしで眺めていました。


ある日、彼女は、当時流行っていたローラースケートを履いてみました。

慣れないことに身体がびっくりしたのでしょうか。
左足さんと右足さんが勝手な方向に滑り出してしまいました。


うぎゃーーーーーーー(断末魔の響き)


180度開脚、大成功♪



・・・。

よく股関節が外れなかったもんだ。あぶねーあぶねー。
良い子の皆さんは真似しないようにしましょう。(つーか、別に私だって、やりたかったわけじゃ・・・。)






やればできる。やりたくなくても・・・できる。

世界はミラクル。
[PR]



by ruthk | 2005-11-06 01:24 | かいそうろく

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧