らはいむ

「興味」→「理解」

「私アナタのことアイシテル」といっても、結局は「アナタのことアイシテル私をアイシテル」ってことになっちゃってることがあるかもしれない。
「アナタのキモチよくわかるわ。」とか言っちゃって、実際どうだか。結局、自分の中の論理に相手をムリやりあてはめてしまっているのではないのか。

・・・って考え出すと、ぐるぐるぐるぐる・・・。「理解する」って、個人レベルのちょっとしたことでも難しくって。

最近、学校関連で何か事件が起こると、ニュースで「生徒・児童の心のケアのためにカウンセラーを派遣し対処・・・」というフレーズが耳につくのですが、「お~スゲー」と思う反面、そこはかとないナゲヤリ感も感じられたり。「心のケア」って重要だとは思うのだけど、自浄作用みたいなものを期待するのは時代遅れなのかな。それに、一応カウンセラーの資格持ってます、みたいな、見知らぬ人が、突然現れて、傷ついた心に、トドメの一撃を放っていったらどうするんだろ、とか思ってみたり。

先日の日記に戻ってしまうのだが、カウンセラーとかセラピストとか呼ばれる人って、某占い師さんの「ズバリ言うわよ」みたいなこと、言ってはいけないんじゃなかったんだっけ。
[PR]



by ruthk | 2005-09-28 02:52 | ことば

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧