らはいむ

本日は晴天なり

昨日はテレビのアラビア語講座を見ながら寝たから、すっきり。
講座の内容は全く覚えていないけど。

ふとん干して。洗濯して。青空だ。嬉しいな。気温も少し高い気がする。

レンタルした映画を返却に行く。
GATTACAの監督・脚本のアンドリュー・ニコル関連で、トルーマン・ショーが見たかったけど、レンタル中で残念。以前誰かに勧めてもらったけど、その時は見なかったんだっけ。
GATTACAもDVDでもう一度借りようと思ったけど、これもレンタル中。買おうかな~でもな~。
ターミナルは公開されたばっかりだったんだっけ。
スピルバーグが監督であることよりもニコルが脚本ということで見たい。

本当にずっと映画見ていなかった。最近、少しづつ、以前みたく、いろんな本や映画・音楽を楽しめるようになったけど、ここでも注意しないといけない。あまり興奮しすぎると、あれもこれも見なくちゃ聴かなくちゃと焦る。量ではない。じっくり少しづつ味わっていかないと。そのためにも、レビューして、立ち止まって考えてスピードを調整しよう。

今、私に必要なのは体を動かすこと。
思考の停滞から、少しづつ回復している気がするので
映画を見出すのはいいが、それも二次元に過ぎない。バランスを考えること。

先日ネサフしたら、映画・音楽・以国関連に興奮しすぎてハレーションを起こしかけた。
これもアブナイ。
ネットは(ほぼ使い捨ての)情報の洪水。油断するとすぐ溺れる。
今くらいのペースが丁度いいのでは、とも思う。ネットジャンキー再びはコワイ。
でもなあ、ちょっと自分を曝してリスポンスもらってみたい気もするしなあ。
うまくバランスが取れたら楽しめると思うのだけど。
[PR]



# by ruthk | 2005-02-02 04:45 | つぶやき

雪は南国人の憧れ

明日の予報は雪。
雪は好きだけど、スキーは1度だけやって、もう2度とやりたくないと思った。スケートも然り。やっぱり寒いのいやなんだ。初めての雪の思い出は東京に住んでいた頃。九州に引っ越して、小学校では、雪が降ると、もう授業にならなかった。今度は一人で上京して、酔っ払った先輩と渋谷を歩いた時の雪。次の日から風邪で寝込んだ。クリスマスイヴにクラスの仲間たちと行った箱根の雪。イヴなのに色気ねーなーって笑った。スキーは寒くて怖くてもう2度と行きたくない・・・な長野の雪。50年に1度の大雪が降ったエルサレムの雪。ハンガリーの乾いた雪。一人ぼっちの誕生日に降った雪。雪は印象的だから、その時あったことも結構覚えている。誰と一緒にいたかも。明日からの雪に何を思うのだろう。
[PR]



# by ruthk | 2005-01-30 23:57 | つぶやき

食べ物の好き嫌い

ポトスの鉢植え。水に活けた葉は元気だけど、鉢本体が、よれよれ。日にあててみたけど回復しなかったので、掘り起こしたら根が小さく死にかけていた。とりあえずプランターに植え替えたが、生きかえるのだろうか。

枇杷の種をプランターに入れて放っておいたら1年ほどして葉が生えた。実がなるためにはプランターじゃ無理だけど、葉っぱを活用したい。たしかお茶になるんだよね。かりかり乾燥させないとだめなのかな。新芽は天ぷらにできるらしいが、新芽は出てないし、私は天ぷらはめったに作らない。早く春がこないかな。毎日寒いよ。
 
前の仕事をしたのがきっかけで、少し魚介類を食べていた時期もある。貧血が少し改善したように思われたのだけど、最近はちょっと難しいな。養殖は、やはりコワイしな。結局釣ったり、狩をしたりする必要性も今のところないし、第一面倒。私のような面倒くさがりはベジが一番。卵と牛乳。どちらも生では口にできない。でもこれらを、ふんだんに使ったプリンやお菓子は大好きなんだな。(超矛盾)ヨーグルトやチーズも好きかもしれない。チーズはベジ的にはアウトらしいけど、そこも自然にまかせてみる。

卵料理は、2.3年前、安い卵を買って自分で作った料理を食べて吐いた記憶があって、それ以来、ますます遠ざかる。(料理の腕の問題との説も。)ヨーグルトに関しては、イ国で、日本のを濃縮したようなレバンを食べて吐いて以来、遠ざかっていたが、最近は食べるな。めったに吐かない私が、卵や乳製品で吐いた経験があるのは、やっぱり体に合わないんだろうか。自分で料理をする場合、卵と乳製品はめったに使わない。シチューやグラタンも植物性油脂?を使ったウソミルクパウダーを使う。そのほうが乳臭くなくて、好き。牛乳と卵もやめて、ビーガンを目指したいと思うが、そこは神経質にならず、自然に任せていくつもり。実際、味覚的にも体質的にも遠ざかって行きつつあるのは確かだから。

牛乳っていうと、懺悔しなくてはいけないことがある。小・中学校と給食だった。毎食、メニューに関わらず、牛乳が出ていた。当時の私は、ちゃんと飲んでいたが、今は考えられない。それはともかく。その牛乳ビンに入っていた牛乳。小学生だった私は、飲み残しの牛乳(たぶん残し具合を調査するために、あえてビンにそのまま残して返すことになっていた。)を、かき集め、ご丁寧にも、捨てられていた蓋とその上にかぶせてあるビニールを拾ってきて、再びかぶせ、元通りにした。自分が牛乳の係りだったときは、何度もそんな新品同様の牛乳ビンを何本か作って、悦に入っていた。ただ何となく嬉しかった。妙なところで几帳面な自分。

ある日、見て知った。そんな未開封(のように見える)牛乳たちが、職員用給湯室にある冷蔵庫に入れられるのを。…先生、ごめんなさい。何の悪気も悪戯心もなかったんです。本当です。(無邪気に命にかかわるものを混入しなくてよかった)


玉ねぎやニンニクについて。オリエンタル・ベジの人は食べないそうだが、私は特に避けてはいない。味としては、ガーリックとチーズがたっぷり入ったジュノペーゼなんて、大好き。…が。食べている時はいいんだけど、その後が…。自分の全身からの臭いに耐えられない。ガーリックを使った後のキッチンの臭いには閉口。ここ10年近く、自分でする料理にはガーリックを使ったことはない。外食や既製品を食べる分にはかまわないけど。(自分の臭いとの戦いだが)玉ねぎはガーリックほどではないものの、やはり臭いとの戦い。食べ慣れれば大丈夫なんだろうが。うーん。美味しいんだけどな。臭いと戦うのは面倒くさいな。これまた面倒くさいという理由で、簡単にやめられる。

嗜好品。タバコは煙も臭いもダメ。シヌ。当然、自分でも吸えない。アルコール。乾杯は好き。たまに赤ワインとチーズ…というのもいいと思うが、実際、味は好きではないようだ。ビールは美味しいと思ったことがない。体にいいと1時ブームになったビール酵母。何に入れても、マズイ。カレーに入れてもダメ。どうしよう。捨てるのももったいないが。いい肥やしになるのかしら。

と、一見、酒・タバコお断りなマジメ人間のようだが、実はコーヒージャンキー。やめられない。以前ほどエスプレッソやターキッシュなど、濃ーーいのをがぶがぶ、挙句にはコーヒー豆までガリガリしていたほどではないのだが、やっぱり、ドリップコーヒーは欠かせない。一度、ひどい風邪をひいたとき体が受けつけなくなったのを機会に、やめようとしたんだけどな。あと砂糖。今でこそ、少しはマシになったものの、ちょっとストレスたまると、すぐ甘いものに逃げる。私の体は思いっきり、陰性なんだろうな。
[PR]



# by ruthk | 2005-01-14 00:08 | たべもの・からだ

モノを減らそうと日々決意

モノ。私は整理整頓が苦手だ。
あんまりにも片付けられないので、ある日考えた。
片付けられないのはモノがあるからだ。
整理整頓に悩まなくてすむように、モノを減らそう。

最近、本をほっとんど買わない。
かなりの活字中毒だが、今は専らネット記事くらいしか読まない。
本は一度側に置くと、手放すことが難しい。
だから買うことを躊躇する。
[PR]



# by ruthk | 2004-12-21 06:39 | つぶやき

光を浴びろ。できれば日光。


テレビで冬季うつ病について、やっていた。あんなふうに過剰演出・おもしろオカシク病気についてやってる番組はどうかとは、思うものの、ついつい、みてしまう。家族は・・・自分は・・・。冬季うつ病の症状は、みんな冬になると、そうなるのが当たり前なんじゃないの?って思っていた。こんなのが病気として成り立っていること自体、社会が病んでいる証拠だよな・・・って思う。単なる甘え。そしてマンマ当てはまっている自分。情けない。

明るいのは嫌いだ。今まであり得ないことに、1Kのわがアパートにはスタンド式の蛍光灯しかなかった。後はユニットバスの白熱灯のみ。これで2年ほど暮らしてきたが、全然不便ではなかった。母が強引に買ってきてくれた電灯は本気で有難迷惑で、ずっとつけていなかったが、今日からつけることにした。ありがとう。お母さん。

今何をしていても、過去の自分の失敗や過ちばかりが頭をよぎって、すぐつなげて考えてしまい、悔恨やら懺悔やら入り混じっていたたまれない気持ちになってしまう。ぐじぐじとするより、懺悔日記を書いていこうと思う。これで少しは、よくなるのだろうか。
[PR]



# by ruthk | 2004-12-16 06:36 | つぶやき

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧