らはいむ

カテゴリ:G( 3 )




3部構成

その1があるということは
その2があって
その3でオチつけよ、というつもりでした。

でも、その壮大(?)な3部構成は、後回しにして
Zガンダム映画3部作Ⅰ・Ⅱを見ることにします。
もう見なくてもいいかな、とは思っていたのですが
来るものは拒みません。

興奮して眠れなくなるのか。
眠りの世界に誘なわれるのか。

どちらの場合も「効能アリ」で、お得です。


いい夢みてきます。ごきげんよう。
[PR]



by ruthk | 2006-03-26 23:41 | G

CaとFeを補給しておこう

先日、終了した某ガンダムについて。言いたいことは、いっぱいあります。

何はともあれ、制作スタッフの皆様お疲れ様でした。

個々のプレイヤーはなかなか頑張っているのに、
指揮者がアレだったため、歴史に残るほどの迷演。

演奏曲は、かなりオイシイ主題と動機を持っているのに、
構成がぐちゃぐちゃであるが故に、???な迷曲。

オケに例えるなら、こんな感じでしょうか。

最後まで視聴してしまった自分は負け組。認めよう。

ありがとう種・種デス。そしてさようなら。
この番組の存在と、
視聴しながら悶々といろいろ考えていた日々を、
黒歴史として、いったん封印したいと思います。




でも、でもね。最後にちょっとだけシャウトさせて。

49話で

ミーティア装備のストライクフリーダムとインフィニットジャスティスが

ザクとグフを、反則的に、がんがん破壊している姿は、もはやアクマ。人類の敵。



私のザクとグフに何してくれとるねん!!



お情けで不殺を貫いているらしいのだが、あの戦闘空間に取り残されたらヤバイ。
(あ、でも、宇宙空間で、陽電子砲くらって生還できる世界なんだから大丈夫か)


むかむかむか。

考えれば考えるほど、ムカついてきて、


鼻血が出た。



・・・あらやだ、妄想して鼻血出すなんて、マンガに出てくる男子中学生みたい。
Be cool. Be cool.

しかも妄想対象がザク。そんな変態な自分も受け入れていかないとね。





本日の偶像崇拝:その2 対象「ザク」
~人は自分の偶像を破壊されると怒る。哀しむ。どうしたらいいのか不安になる。
[PR]



by ruthk | 2005-10-07 06:34 | G

「ターンAの癒し」からいつの間にか「こぶし」論

「ターンAの癒し」を一通り読んだ。面白かった。富野監督という人はやはり頭がオカシイ。でもオカシイということは自覚していらして(だからタブンまだ本当にオカシクはない)、そのスレスレのところで創作活動をされていることが、伝わってきた。そのスレスレ具合は、時に不快感も誘うが、それでも面白かった。

アニメという2次元世界の創作現場の裏側。生々しい。こういうのはあまり好んで読まないのだけど。ターンAは商業的には確かに苦労したらしい。でも、それに曲げられることなく50話を放映できた関係者の方々に敬意を表したい。私は当時、存在すら知らず、(確か日本にもいなかった)ガンダムに関しても、アムロ・シャア・仮面・トリコロールのロボットという言葉しか知らなかった。(それだけ知っていたということが、ガンダムの浸透力を物語っているのだろうか?)

More
[PR]



by ruthk | 2005-03-28 12:25 | G

わたしからわたしへの私信
by ruthk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧